エネルギー管理士は最重要の資格!

エネルギー管理士は最重要の資格!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言中ですのでテレワークを継続しています。私は開発職に就いていますが、3月初旬からテレワークが始まったため、すでに2ヶ月以上在宅での仕事です。開発職なので、基本は実験室で仕事をするのですが、今は会社に行けないので、殆ど開発業務がストップしています。しかし、開発スケジュールに変更ありませんから、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除された後の仕事ボリュームが心配ですし、このまま開発テーマが無くなって、失職するほうが怖いですね、、、

さて、アラフォーがリストラされないための防御策として重要なのが、国家資格と考えていますから、まだ脳が若いうちにドンドン資格取得を進めています。今回紹介するのはエネルギー管理士です。これからの地球環境問題に重要な役割を担うのはエネルギー管理士だと考えています。

エネルギー管理士を取得して儲ける

私はエネルギー管理士を取得したのは10年以上前です。仕事関係上、職場の人たちが持っていたために、私も取得に向けて勉強しました。このエネルギー管理士の試験や取得後のメリットなどを紹介します。

エネルギー管理士とは

エネルギー管理士とは省エネに関連する資格で、省エネセンターが主催している国家資格です。この試験は非常に受験料が高いのが駄目な所。14000円ぐらいです。結構な金額です。しかし、このエネルギー管理士は大きな工場には必ず一人設置しなければなりません。省エネ法で毎年▲1%の原単位が課せられて、毎年エネルギー使用状態を国にレポートしなければなりません。非常に重要なポジションです。このエネルギー管理士は試験で取得することができますが、抜け道でエネルギー管理士の講習を受けて、確認テストを受ければ、もらえる技もあります。エネルギー管理士の試験で合格だできない人はエネルギー管理士の講習で取得する人が良いですね。ちなみに、エネルギー管理士の合格率は20%程度とそれほど難しくありません。真面目にコツコツを勉強すれば必ず合格できます。特に電気や熱にこだわらなければ、熱での受験をオススメします。理由は熱は電気に比べて簡単だからです。是非、熱分野でチャレンジして下さい。

エネルギー管理士を取ったことで感じた利点

私はエネルギー管理士を取ることで、一つの仕事にチャレンジできました。それは省エネセンターが主催している勉強会に参加して、いろんな企業の方との交流が出来たことです。サラリーマンだけでは得られない人脈を得ることが出来ました。私はエネルギー管理士を使って、一部で国の省エネ関連事業に参加も出来て、一日の省エネ関連イベントに参加することで、6万円の収入を得ることができました。非常に美味しい仕事もできます。

さらに、エネルギー管理士を持つことで、仕事でもエネルギー関連の開発職に抜擢されたのも大きなメリットでした。エネルギー管理士は勉強すれば誰でも合格できます。高校生レベルの数学の知識は一部で必要ですが、それさえ復習すれば簡単です。このエネルギー管理士の受験料は14000円なので、一発で合格して下さい。会社によっては、受験料を負担してくれるところもありますよね、、

また、エネルギー管理士を持っていることで資格手当をもらえます。私のところは2000円/月の資格手当が付きますから、絶対に早めに合格したいところ。みなさんの所もエネルギー管理士で資格資格があるところがありますから、調べて損はないでしょう。エネルギー管理士は試験で合格した後に、省エネ関連の実務が必要になり、会社の証明書が必要になりますので、会社の人とは仲良くしておいて下さい。会社のハンコさえ貰えれれば、エネルギー管理士の免除登録ができます。

如何でしたでしょうか?エネルギー管理士を取得して、これからのエネルギー問題の仕事に就くことで、アラフォーの人はリストラ回避できます。新型コロナウイルスの休業も続きますが、資格勉強をしてこの難局を乗り切りましょう、、、

国家資格カテゴリの最新記事